2011年08月10日

単行本「性転換教室」

7冊目の単行本。2011年8月10日発売です。
sakaime.jpg

収録されるのはペンギンクラブ誌上で連載していた「境目のない世界」全10話。
「境目のない世界1」
「境目のない世界2」
「境目のない世界3」
「境目のない世界4」
「境目のない世界5」
「境目のない世界6」
「境目のない世界7」
「境目のない世界8」
「境目のない世界9」
「境目のない世界10」
大人になったら自分の性別を自由に選べるようになった世界で、成人を翌年に控え性転換を志望する学生達のお話です。
「性転換が一般化した世界でのHを描く」ことをテーマにしているので、普通の男女はもちろん元♂だとか異性装とか色んな人々が出てきます。
単行本化にあたって描下ろしでエピローグとか追加してます。


一部のマンガ専門書店さんで購入するとオマケの書き下ろしペーパーがついちゃったりしますよ。
まんが王倶楽部さん
mangaoh.jpgmelon.jpg
メロンブックスさん

オータムリーフさん
akiba.jpg
tora.jpg
とらのあなさん

hanyou.jpg
その他の専門書店さん:COMIC ZINさんとかで配布してるようです。

登場キャラクター紹介
all.jpg
@ 魚住 (♂)
これと言った夢もなく進路を決めかねていた男子。
進路希望調査の回答に悩んでいた折りに性再選択を選んだ先輩に会ったことで、まず一歩立ち位置を変えることで自分が変わる可能性に賭けることに。
A 嵯蔵 晴子 (♀)
実父による性暴力から逃れるため、女をやめる決意を固めた少女。寮生活で家庭から離れられる再選択クラス入りを待ち望んでいた。
B 九賀 翔子 (♀)
嵯蔵の親友であり、悩みを抱えている様子の嵯蔵に常に気を配っている。
スキージャンプ競技の選手でオリンピックで男子専門競技に出場するため性再選択の道を選ぶ。
C 担任教師 (♂→♀)
再選択クラスを担当する教師。元男性。
自らの体を教材に性転換に向けた保健体育の授業を行う。
D 杜前 (♂)
容姿にコンプレックスを抱き、再選択を志望した男子。
家族からも女性であることを望まれているようで、入寮時から女物の服を持たされていた。
E 鷹谷 (♀)
長身にコンプレックスを抱き、再選択を志望した女子。
寮生活において同室となった杜前と親密になる。
F ??? (♀)
明るくムードメーカー的な女子。
本編中で一度も名前を呼ばれてないので名前がない…。
G 和泉 (♂→♀)
魚住と同じ部活の1学年先輩。元男性。
H 鉦村 (♂)
九賀の彼氏。九賀が性転換を希望していることを知って止めようとする。
I 多喜本 (♂)
女性経験豊かな自称イケメン。いつもセックス相手が自分より気持よさそうなことから自分も女になってその快楽を得ようと考える。
鉦村とは親しい様子。


さて、恒例のオマケページはこちら。
初期プロット、単行本表紙案、同人誌版の試し読みなどがありますよ。
ユーザー名は「guest」です。
パスワードは例によって単行本カバー下からアルファベット記述されてる部分さがして下さいな。あからさまなぐらい無理矢理英語使ってるトコロがありますので!
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 単行本
この記事へのコメント
初めて貴方の本を買わせていただきましたが、物語の作り方、表現力、感情描写ともに、成人コミックのつもりで買わせていただいた目的を忘れて、エピローグで涙流して感動しました。
ほかの作品も探して購入させてもらうつもりでいます。

この感動をありがとうとともに、もしよかったら同人ゲーム的なシナリオ重視の執筆も読んでみたいと期待しちゃいます。
今後ともぜひがんばってください!
Posted by ぴこはん at 2011年10月19日 14:57
> ぴこはんさま
ありがとうございます!褒めすぎな気もしますけど!

他の作品もーということですけど、性転換教室と他の作品ではテイストが結構違ったりすると思いますので…。
物語に重きを置いた作品をお求めであれば、
「姉と女装とエロ漫画家」「白濁の翼 アザナエル」
あたりから読んでいただけると良いのかなー…と思います。。
他のは読切り短編・コミカル路線だったりするので「全然違うじゃん!」って思われそう。
Posted by 幾夜 at 2011年10月19日 18:16
遅まきながら、『性転換教室』を読ませていただきました。

友人に薦められて読んだのですが、TSに対する新しい切り口がとても斬新で、こうしてコメントを書かせていただきました。
お話をとても楽しめただけ、これが1巻完結だ、というのがとても残念でなりません。
できるならば、同人誌以外でもこの作品を見続けたいと思えました。

これからもがんばってください!応援しています!
Posted by ひよこ at 2011年10月28日 18:49
>ひよこさま
ありがとうございます−!嬉しいお言葉です!
描いた側としては「よく単行本1冊分続いてくれた」って感触なんですが!
がんばります!
Posted by 幾夜 at 2011年10月29日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48308316
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック