2012年09月29日

ペンギンクラブ 2012年11月号

PEN-1211.jpg
今月は載らないかと思ってたんだけど、早めに原稿出したせいか前倒しで載っちゃってるよ。
単行本発売直後ってのを考慮したんだと思うけど、ビックリしたわ。




最初の単行本に掲載されてる「なほたん」のリメイク作。
以前からずっと設定変えて描いてみたいとゆーことでプロットだけは用意してあったんだけど、なかなか描く機会がなかったのです。
今年に入ってからは「ちょっと不思議系」の読切をと考えて続けてたんですが、コレもまあ不思議な事が起きる系統かもしれんよねって事で描いてみた次第。重い話が続いたので明るい話をってのもあり。
PEN-1211smpl.jpg
旧設定との一番大きな違いは、オナホの精のポジションが全てのオナホを司ってたグローバルなものから、一個のオナホから召喚されるローカルなものになったことで。
これによってオナホが複数あればその数だけオナホの精が現れるってゆー…要するに連載化を念頭に置いた設定なのよね。

そんなわけで続きのネタは考えてるので読んでみたいっつー方はアンケートにその旨書いて下さると、編集部からGOサインが降りるかもしんないです。
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(0) | 商業誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。