2013年04月25日

単行本「性転換して自分自身とHしたい! 」

2013/4/25発売予定です。
selfkiss.jpg
収録予定なのはペンギンクラブ誌上に掲載された以下の読切9本+書き下ろしマンガ。
 「どっかいっちゃった!」
 「未来は僕らの腕の中」
 「ハカセが助手でオレがオレで」
 「鏡の悪魔」
 「境目のない世界 Another Case」
 「悪魔と美魔女」
 「なほたん!」
 「かがみの駅」
 「未来と現在と私とわたし」

「性転換〜」ってタイトルにでかでかと謳っちゃってるんですけれども、著者本人としましては世にも奇妙な物語とか藤子F先生の異色短編的な「すこしフシギ」、その中の一つとして性転換の有無に関わらない「自分自身とのH」がこの本のキモだと考えております。
9篇(と+1のオマケ漫画)全てがエロ漫画だからこその「すこしフシギ」をを目指した読切になっています。
もちろん性転換ネタ・女装ネタも入ってますよー。

*** 詳細とか注意点とか特典とか諸々 ***
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(2) | 単行本

2012年12月12日

ふぇちっくす!(2)

一般向けの単行本、2巻目が出ますよー。
fetix_c02.jpg
詳しくは全年齢向けブログの方で。
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(0) | 単行本

2012年08月25日

単行本「金髪×巨乳に変身で」

8月25日に単行本出ます!
収録内容はペンクラで連載してた「ぷらちなLovers」全9話+描下ろし後日譚で。
「金髪巨乳にしか性的に興味がない!」と言い切っちゃうオナニー馬鹿男・樋口くんにうっかり一目惚れしちゃった黒髪ロリ体型天才少女・ミオが樋口を振り向かせるためにドタバタするっつーコメディ系のエロ漫画よ。

lovers.jpg

*** サンプル/書店特典/抱き枕/オマケページ ***
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(0) | 単行本

2012年06月12日

ふぇちっくす!(1)

初めての一般向け単行本ですー。

弟大好きすぎて暴走気味な姉・真綾と、尊敬する姉のようになりたいと女装をはじめちゃった弟・倫太郎、そしてそのまわりのクセのありそうな人物が繰り広げる学園コメディな感じ。
fetix_c01.jpg
詳しくは全年齢向けブログの方で。
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(0) | 単行本

2011年08月10日

単行本「性転換教室」

7冊目の単行本。2011年8月10日発売です。
sakaime.jpg

収録されるのはペンギンクラブ誌上で連載していた「境目のない世界」全10話。
「境目のない世界1」
「境目のない世界2」
「境目のない世界3」
「境目のない世界4」
「境目のない世界5」
「境目のない世界6」
「境目のない世界7」
「境目のない世界8」
「境目のない世界9」
「境目のない世界10」
大人になったら自分の性別を自由に選べるようになった世界で、成人を翌年に控え性転換を志望する学生達のお話です。
「性転換が一般化した世界でのHを描く」ことをテーマにしているので、普通の男女はもちろん元♂だとか異性装とか色んな人々が出てきます。
単行本化にあたって描下ろしでエピローグとか追加してます。

*** キャラ紹介&オマケWebページ ***
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 単行本

2010年08月25日

単行本「夢見るお嬢様と僕らの愛情」

6冊目の単行本、2010年8月25日発売です。
ojou.jpg
表紙は上のにアオリ文句が入った帯がくっついてくるはずです。

収録作品はペンギンクラブで掲載作を中心にした以下の11作。
 「お嬢様とカラオケルーム
 「お嬢様と交換日記
 「お嬢様と貞操帯(前)
 「お嬢様と貞操帯(後)
 「お嬢様と花婿修行(前)
 「お嬢様と花婿修行(後)
 「お嬢様と少女漫画
 「お嬢様と初めてのお見舞い
 「Change!
 「たんけん欲のまち なほたん」
 「女装と女装と満夜の野望
最近のお嬢様シリーズをメインにしながら、ちょっと懐かしどころの作品とか、前の単行本の「姉と女装と〜」の番外編なんかも入り交じった短編集です。

一部漫画専門店さん(虎の穴さん、メロンブックスさん、オータムリーフさん、まんが王倶楽部さん、他)ではおまけペーパーなどがつくそうですよ。5種類書き下ろしましたとも!

*** オマケWebページとか ***
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 単行本

2009年03月25日

単行本「姉と女装とエロ漫画家」

20110310更新

通算5冊目の単行本です。
anejoso.jpg

収録作品は2007年末から一年余りペンギンクラブ誌で連載していた「姉と女装と〜」のシリーズで、以下の12本。
 「姉と女装と唇の距離」
 「姉と女装と作画資料」
 「酒と女装とインタビュー」
 「姉と女装と痴漢電車」
 「カキコと女装と即売会オフ」
 「酒宴と女装と人妻勉強会」
 「妹と女装と家出の理由」
 「姉と女装とスランプと」
 「姉と女装と行き詰まり」
 「台割と女装とアシスタント」
 「姉と女装と婚約者」
 「姉と女装とエロ漫画家稼業」
一部掲載時から描きなおしが加わってます。

2011年3月現在、通常の書籍での販売のほかにもPC向け電子書籍や携帯サイトでの販売も行われてます。

DLsite.com商品ページ

DMM.com商品ページ

*** キャラ紹介&オマケWebページ ***
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 単行本

2008年09月30日

単行本「憂いの花嫁 秘密の誓い」

最終更新 20080930
9月末にワニマガジンさんからは初の、通算で4冊目の単行本が発売なのです、ハイ。
urei.jpg
収録作品は華漫やChu!スペに掲載された以下の13本+書下ろし短編。
 「フィッティングルームにて」
 「上司・親友・婚約者」
 「婚約者・上司・親友」
 「親友・婚約者・上司」 
 「年下×同級生×アイドル」
 「モテモテ!パワーブレスレット」
 「逆襲のアフター」
 「女装専用車両」
 「おしかけアシスタント」
 「BanBangBank!!」前編
 「BanBangBank!!」後編
 「一人きりの違反者講習」
 「戻りたいトコロ」
全体の1/3のページに何らかの描き直しが加わってます…特にChu!スペ掲載の作品。頑張りました。

2011年春〜夏頃からタイトルを「欲情のトライアングル」に改めて各携帯向け漫画サイトから配信が始まってる模様です。

*** サンプル(18禁)&作品紹介&オマケWebページ ***
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 単行本

2007年12月25日

単行本「白濁の翼 アザナエル」

20110403更新

幾夜大黒堂・3冊目の単行本、2007年のクリスマスに発売になりました。

axanael.jpg
表紙デザインはこんな感じで。
見て想像がつくと思いますが、裏表紙や折り返しと続いた1枚絵になってます。

掲載作は以下の11本。
 「アザナエル 第1日」
 「アザナエル 第2日」
 「アザナエル 第3日」
 「アザナエル 第4日」
 「アザナエル 第5日」
 「アザナエル 第6日」
 「アザナエル 審判の日」
 「アザナエル 復活の日」
 「おろしたて制服汚しちゃって?」
 「ヲタカレ メカモエ」
 「ずっと君だけのもの」

アザナエルの終盤部分が+13ページ増えてます。書き直しもさらに数ページ。
あとはあとがき&なかがき、カバー下の解説とか新規に起こしてます。

2011年3月現在、通常の書籍での販売のほかにもPC向け電子書籍や携帯サイトでの販売も行われてます。
DLsite.com商品ページ
DMM.com商品ページ

*** オマケWebページ ***
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 単行本

2007年02月24日

単行本「シたい! 着せたい!? 脱がせたい!!」

2011031更新

幾夜大黒堂2冊目の単行本。
「シたい! 」がメインタイトルで「着せたい!? 脱がせたい!!」がサブタイトル扱いなので、もしかしたら通販サイトとかでは「シたい!」だけで記載されることもあるかも知れません。
収録作品の半分以上がコスプレ関係のネタ(女装含む)なのでこんなタイトルな訳です、はい。

shitai.jpg

掲載作は以下の11本。
 「CROSS×DRESS 前編」
 「CROSS×DRESS 中編」
 「CROSS×DRESS 後編」
 「私のせんせい」
 「莉瑠佳 前編」
 「莉瑠佳 後編」
 「たんけん欲のまち」
 「たんけん欲のまち 匂坂陵子」
 「たんけん欲のまち 桜井鈴」
 「たんけん欲のまち 吉乃ゆい」
 「たんけん欲のまち エリザベス・ブライド」
書下ろしはオマケ漫画(CROSS×DRESSの後日談ぽいの)3ページと
カラートビラ絵、あとがき、あとがき、カバー下の解説とか。
ゲストコメント原稿は新庄さんYUKI☆さんに描いてもらいましたー。

2011年3月現在、通常の書籍での販売のほかにもPC向け電子書籍や携帯サイトでの販売も行われてます。

DLsite.com商品ページ

DMM.com商品ページ

*** オマケWebページ ***
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 単行本